気軽に女性と欲求不満解消!テレセ魅力のについて


1i6TOUeNP5W

今ハマっていること〜テレセに魅力を感じる〜

男も30歳を越える頃になると強がっていた友人がどんどん家庭をもつようになり、羨ましく思う一方で、結婚によって自由が束縛される不満も払拭できないでいる状態です。独身時代のように稼いだお金を好き勝手に使って暮らすわけにもいかなくなるのが結婚というものとわかっていても踏み切れないでいるんですね。そういう男性は最近多いらしくて、わりと年齢を重ねた上での結婚が増えている原因かもしれません。

でも独身を活かして遊び回ってるかというとそうでもなく、最近はセックスもすっかりご無沙汰気味で、ちょっと欲求不満かもしれません。

飲みに行くのは相変わらず好きで、先日も友人と飲んだ時、何となく打ち明けてみたところ、欲求不満解消で面倒くさがりやな自分にピッタリの方法があると教えてくれたのがテレセサイトです。初めて聞く名前にとまどいつつ、その場は知ってるふりをして、時代に取り残されないよう、すぐ自宅のパソコンで検索してみました。そしたら、あるわあるわ、その類のサイトがいっぱいです。もうこんなに多くのサイトが立ち上げられ活動してるのかと、自分の情報の少なさを悔やみました。

こういう便利なサイトがあって、気軽に女性と欲求不満解消できるなんて魅力的ですよね。料金はせいぜい電話料金ぐらいですし、会わないので食事代などデート代もかかりません。これはかなり使えると思いすぐ登録。最初はうまくいかなかったテレセにもすっかり慣れて、今やこのサイトなくして私の欲求不満を解消できない、そんな必要な存在になっています。

テレセの良い点〜一度は体験してみよう〜

1Hy3qQ952ublJRwc

この電話を使って疑似セックスをするテレセを、皆さんはどの程度の頻度で楽しんでるんでしょうね。私個人の意見としては、セックスは生身の人間と直接逢ってするのが一番だと思いますので、おそらく電話だけで満足できないでしょう。でも人によってはそういうのが苦手な方もいらっしゃって、テレセの方がより強い快感を得られるといいます。好みは人それぞれですのでいいのですが、普段から人と直接逢って話すより電話が大好きな方はテレセも好きな傾向があるようです。そういう方は一度テレセにもチャレンジしてみると意外とはまってしまうかもしれません。生身の肉体と触れながらじゃないとセックスした気にならない方は従来のセックスでいいのですが、たとえば仕事が忙しくて滅多に逢えないとか、遠方でなかなか逢えない人にテレセはうってつけだと思います。あるいは普段からあまり人と接するのが苦手な方も、テレセは向いているかもしれません。ホテル代はいらないですし、交通費もいりません。必要なのは電話料金のみですので、経済的にもメリットがありますね。私の場合は音声よりも文字派でして、チャットでセックス?をするのが好みです。卑猥な言葉をタイプし合うのは官能小説を読んでるようでいいものです。どちらの場合でも言えることは、相手とあなたの表現力次第で快感をより高めることができるということです。

相手の理想の女性を演じてくれる女性はまさに理想的 のリライト

テレセは音声だけでプレイするものですので、

必ずしも真実を語らなくてもいいのです。

そもそもテレセに限らず男性が女性にする質問は同じものばかりです。

それを見こして男性の喜びそうな女性を演じてくれる女性は、まさに宝です。

もちろん人によって好みも違いますが、平均的男性の好む女性像があって、

まず声は小さめで女らしく、おとなしく。清楚でいながら好色さも併せ持つ女性。

年齢は声をきけばだいたいわかりますが、とても若い声の人は、ぜひ実年齢より若く申告しておきましょう。

一般的に男性は若い女性を好み、中でも「女子高生」は効果抜群です。

ルックス的には色白。二重のぱっちりした目で、肩ぐらいまでのストレートヘアーが好まれます。

テレセの最中、今どんな格好をしてるか聞く男性は少なくありません。

その時、恥ずかしそうに答えるのはもちろんですが、いきなり下着姿とか裸でいるとか言わないで、

たとえば「お風呂上がりなのでキャミと短パン」とか「もう寝るだけなのでパジャマ」

などとこたえておくほうがリアルです。

「下着はどういうのつけてるの?」ときいてきたら、間違っても黒や赤い下着などと言わないように。

「白くてレースのお花があしらってる」など清楚なものが模範回答です。

バストの大きさをきかれたら、Aでは小さめですよね。小さめが好きな男性もいますが。

だいたいCからDぐらいまで申告しておけば間違いないでしょう。巨乳好きもいますけどね。

テレセで男性が質問してくる内容は似通ってますので、

それを研究して、いかにも男性の喜びそうな返事のできる女性が理想とされているようです。

最新記事